人気ブログランキング |

カテゴリ:2013横浜・箱根( 12 )

2013横浜・箱根その12 小田原で足止め

朝ごはんを下げに来た仲居さんが
「今、箱根登山鉄道が止まっていて、バスはかろうじて動いてますけど、
いつ止まるか分かりません。早く出発された方がいいと思いますよ。」というので、
10時を待たずにチェックアウト。
宮ノ下のバス停まで車で送ってもらって、
とにかく来たバスに乗って帰ろう!と思ったら、
皆考えることは同じのようで、バスはぎゅうぎゅうに混んでました。
無理やり乗って、なんとか小田原まで下りてきました。

しかし、今度は新幹線が止まっていて足止め。
しばらく小田原で待機するしかないようです。

とりあえず腹ごしらえ、ということで、
駅ビルにある「FUSION DINING F」へ。
富士屋ホテル系列のカフェです。

新幹線止まっちゃってるけど、飲んじゃえ!
b0271801_1152122.jpg

富士屋ホテルといえば、カレー!なんですってね。
b0271801_111298.jpg

ん?レトルトっぽい…。
ガイドブックを見てみたら、
富士屋ホテルのダイニングで食べるビーフカレーは2,400円。
こちらはセットで1,200円。
レトルトも致し方なし?

ランチを食べ終わっても、新幹線はまだ動く気配がありません。
ただ、風は強いものの、雨はおさまっていたので、
小田原城に行ってみることにしました。
b0271801_117466.jpg

私が大学生の頃、父が小田原に単身赴任をしていて、
その頃ちょくちょく遊びに来ていたので、
小田原城も行ったと思うんですが、
あんまり記憶がない…。

そうこうしているうちに、午後3時頃から新幹線が動き出しました。
とにかく来た列車に飛び乗ったら、ラッキーにも座れました。
新大阪まで各停だったので、ものすごく時間がかかりましたが、
とにかく夜には家に帰れました。
づ、づがれだ…。

というわけで、たびにっき横浜・箱根編はおしまいです。
次の旅までごきげんよう!
by yunko_h | 2013-10-20 06:00 | 2013横浜・箱根 | Comments(2)

2013横浜・箱根その11 あさごはん@武蔵野別館

さて、翌朝。
起きると、外は大嵐でした。
台風18号が接近していて、朝8時ごろには豊橋に上陸。
えらいこっちゃといいながらも、のんびり風呂に浸かったりしてから
朝ごはんです。

朝ごはんは「豆富爽健美膳」ですって。
b0271801_22441471.jpg

朝夕ともにお部屋食でした。
b0271801_2245251.jpg

右、手繰り豆富。
b0271801_22454966.jpg

左の土瓶に入っているのは、湯の花豆富。
b0271801_22465479.jpg

いわゆる「温泉湯豆腐」です。温泉成分で豆腐が溶けて、
お湯が真っ白になります。
b0271801_22474853.jpg

あとは煮魚と、
b0271801_2253435.jpg

粥&茶碗蒸し。
b0271801_22523458.jpg

粥にはなぜかそばがきが入っていて(鶏団子みたいなやつがそう)
b0271801_22543294.jpg

食べてみたけど、味的にも食感的にも、なぜ入ってるのか謎でした…。
あとは、ご飯としじみ汁でした。

豆腐&豆腐、粥&ご飯…謎のメニュー構成でした。
少なくとも粥&ご飯は、どちらかだけでよかったなー。

あ、あと1回じゃ終わらなかった(汗
もう1回続きます…。
by yunko_h | 2013-10-19 06:00 | 2013横浜・箱根 | Comments(0)

2013横浜・箱根その10 ばんごはん@武蔵野別館

すっかりごぶさたしてしまいました。
横浜・箱根編、あと少しおつきあいください。

貸切露天風呂のあと、ビールをぐびっといってから、
お部屋に戻って、夕食です。

お品書きには「十六夜の膳」とありました。
ここでも生ビールでかんぱーい!
b0271801_21555710.jpg

食前酒に吹寄せ、旬菜、酢の物。
b0271801_21545325.jpg

お椀は銀杏の吉野寄せ。
b0271801_220173.jpg

お造りは、マグロやカンパチなど。
マグロは手前にある岩塩でどうぞ、ですって。
b0271801_2214683.jpg

あわびがどーんと出てきました。
(ひとり1個ずつね)
b0271801_2251525.jpg

このお宿の自慢の一品「活き鮑の踊り焼き」です。
じゅーじゅー焼かれ中。
b0271801_2265243.jpg

焼けました!
b0271801_227324.jpg

いただきます!!
b0271801_2282373.jpg

火を通したあわびの食感が大好きなのです。
これもおいしいけど、一番好きなのは、だんなさんの実家で食べる
「あわびのバター炒め」だな。
(義父の実家はかつて漁師をしていたので、今でもいろんな海の幸が手に入るのです。)

あとは、秋鰈の杉板焼きとか、
b0271801_22201548.jpg

煮ものとか、
b0271801_22204216.jpg

ご飯と鶏のつみれ汁で〆。
b0271801_22213514.jpg

あ、ほんとの〆はこっちだわ。
b0271801_22231458.jpg

ふー、ごちそうさまでした。

このあと、大浴場に行ったのですが、ここのお湯も塩素臭が…。
浴槽や浴場内の床は木(ヒノキ?)でできているのですが、相当痛んでいるし、
洗い場のシャワーやカランの金属部分が曇っていて、手入れされてない感じ。
お湯の成分でこうなるのかな?と思ったりもしたけど、そうじゃないよねえ…。
古いのはともかく、手入れがされてないのはよろしくないかなと。

ちなみに、翌朝、屋内貸切風呂の「夜咄の湯」に行ってみたら、
割と新しくて、大きな窓が森に面していて、とっても開放感あり。
でも屋内なので、虫や葉っぱがお湯に浮かんでいることもなく、
ここが一番よかったんじゃない?

あと1回続きます…。
by yunko_h | 2013-10-18 06:00 | 2013横浜・箱根 | Comments(4)

2013横浜・箱根その9 お宿探検

「探検」というほどではないのですが、
お風呂上がりに涼みがてら、ちょっとだけパチリ。

お宿外観です。
b0271801_14451570.jpg

玄関を入ったところ。
十五夜が近かったので、お月見の飾りです。
b0271801_14414317.jpg

お外に出ると箱根の山並み。
b0271801_14423046.jpg

駐車場から下を見ると、箱根登山鉄道が走っていました。
b0271801_14443275.jpg

雨も上がって、緑がきれいです。
b0271801_1446429.jpg

さて、お部屋に戻って、ばんごはんだー♪
by yunko_h | 2013-10-08 06:00 | 2013横浜・箱根 | Comments(0)

2013横浜・箱根その8 隠れ湯「薫風」

ではではお風呂へGO!
とその前に、ロビーに寄って色浴衣をお借りしました。
女性限定のサービスだそうです。

武蔵野別館には2つの貸切露天風呂があります。
その1つが「隠れ湯 薫風」。
もう1つの「山の湯」の方は、山道を少し歩いていくそうで、
雨の中行くのはつらかろうということで、こちらにしました。
b0271801_13474318.jpg

引き戸の向こうの通路を曲がると、いったん外に出ます。
b0271801_13495255.jpg

備え付けの番傘を広げて、階段を10歩ほど上がったら、
b0271801_13525180.jpg

到着!開放感~♪
b0271801_13531749.jpg

お湯はぬるめです。
b0271801_141274.jpg

お湯をそのまま沢に流しているとのことで、石鹸類の使用は禁止。
ということで洗い場はなく、脱衣場に洗面所すらないので、
ちょっと手をすすぐこともできず、困りました。

しかも、湯船にちゃぽんと浸かると塩素臭が…。
今までいろんな温泉に行きましたが、
こんなにはっきりと塩素の臭いがするところは初めてです。
せっかくいいロケーションなのにな~。

脱衣場も狭!
(荷物がちらかりまくりで失礼)
b0271801_14115337.jpg

事前に借りた色浴衣は、よくある温泉浴衣と違って、
腰ひも使っておはしょり作って、と割とちゃんとしたもの。
一応着付けをやってたので困りませんでしたが、
これ、今どきの若い子は無理なんじゃない?
友人も「無理!」というので、着せてあげました。
おかげで汗びっしょり。
せっかくお風呂に入ったのに、またシャワーを浴びたくなりました。

いやいや、シャワーじゃなくて、こっちでひんやりしましょ。
b0271801_14355656.jpg

湯上がり処で生ビール!
はー、極楽ですな~♪
by yunko_h | 2013-10-07 06:00 | 2013横浜・箱根 | Comments(2)

2013横浜・箱根その7 武蔵野別館お部屋

今回予約していたのは「天城」というお部屋。
b0271801_13191350.jpg

引き戸を開けると、敷石が。
b0271801_1320945.jpg

ちなみにここのお宿は、玄関で靴を脱ぎ、
館内は足袋(正しくは足袋型靴下)でおくつろぎください、ということなんですが、
靴下でここを歩くのって、ちょっと心もとない…。

お部屋はちょっと不思議なつくり。
(友人が顔を隠しております)
b0271801_13215853.jpg

おそらく掘りごたつにするため、畳の間が一段高くなっていて、
板の間に低い椅子とテーブル。
b0271801_1325972.jpg

その奥にはもうお布団が敷いてあります。
b0271801_13264035.jpg

枕元には浴衣やタオルなど。
b0271801_13293654.jpg

お部屋でもお茶とお菓子をいただいて、
b0271801_13301766.jpg

では、予約した貸切露天風呂へGO!
by yunko_h | 2013-10-06 06:00 | 2013横浜・箱根 | Comments(2)

2013横浜・箱根その6 箱根へ移動

お昼ごろまでカップヌードルミュージアムを堪能した後、
次の目的地、箱根へ移動。

急ぐ旅ではございませんので、JR東海道本線で小田原へ向かい、
(普通だったら新幹線を使うのかしら?)
b0271801_061771.jpg

箱根登山鉄道で、箱根湯本経由宮ノ下へ。
b0271801_07861.jpg

小田原までの移動中は雨は上がっていたのですが、
宮ノ下についたらざーざー降り。
駅に着いたら、お宿にお迎えを頼まなきゃと思っていたら、
他のお客様を迎えにきた車が待っていたので、
ついでに乗せて行ってもらいました。

着いたのは「四季の湯座敷 武蔵野別館」
b0271801_0103777.jpg

ちなみに、宿探しの際、驚いたのは箱根の宿の数の多さです。
エリアもいろいろ、値段もピンキリで、どこを選んだらいいのかわからない!
とりあえず一休.comなら外れはなかろうと思ったのと、
あの「箱根吟遊」と同じグループということで、
こちらのお宿にしてみました。

着いたらまず、ロビーに通され、オリジナルの薬膳茶をいただきました。
b0271801_0175872.jpg

夕食の時間と貸切露天風呂の予約時間を決めてから、お部屋へ向かいました。
お部屋の紹介は次回…。
by yunko_h | 2013-09-28 06:00 | 2013横浜・箱根 | Comments(1)

2013横浜・箱根その5 インターコンチのあいつ

スピッツのライブの途中、メンバー紹介のときだったかな?
ギターのてっちゃん(三輪テツヤ氏)が突然、
「あそこからずーっとこっち見てんだよなー」と
ステージの反対方向を指して言いました。

観客ほぼ全員が振り返ると、
そこには我々のお宿「ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル」が!
いったい誰が見ていたのかというと…
(建物のてっぺんをよーく見てください)
b0271801_0484696.jpg

あ!いた!!
b0271801_0492157.jpg

そう、ホテルの一番てっぺんに天使が立っているのです。
(てっちゃんは「手を広げてる」と言ってましたが、正しくは「羽を広げてる」ですね。)
あれはいったい誰なんだ!?と思っていたら、
原型がホテル1階にいらっしゃいました。
b0271801_052421.jpg

吉野 毅氏制作の「みちびきの像」です。

「国際平和会議場ホテル棟(注:インターコンチのこと)は船をイメージした形態からなり、
建物の頂部に建物の一部として天使が取り付けられました。
船舶の安全な航海を願い天使をモチーフにした彫像物を船首に装飾した例は多い。
船(建物)を安全に目的地まで導く守護神として、
又、世の中をより平和にみちびいて欲しいとの願いをこめて、「みちびき」と命名しました。」
(パシフィコ横浜HPより)
だそうです。

へえー、知らなかったなー。
スピッツのライブに来て、初めて知ったよ。
いやー、ライブってほんとにすばらしいですね!(なんかちょっと違う)
by yunko_h | 2013-09-26 06:00 | 2013横浜・箱根 | Comments(0)

2013横浜・箱根その4 カップヌードルミュージアムその2

カップヌードルミュージアムの続き。

カップヌードルミュージアムは、
マイカップヌードルを作れるだけではありません。
実は、ほんとにやってみたかったのはこちら!
b0271801_02545100.jpg

「チキンラーメンファクトリー」です。
なんとチキンラーメンを粉から練って作れるんです。
こちらは1回につき定員48人という狭き門で、
土日は事前予約がないとほぼムリです。
いいなー、楽しそうだなー。
次回は必ず予約だ!

ミュージアムというだけあって、展示もあります。
即席めんの歴史が一目でわかる
「インスタントラーメンヒストリーキューブ」。
その歴史の第一歩目は、言わずと知れたこちら。
b0271801_23572780.jpg

もうこんな早い段階で、そばやカレー味もあったの!?

アジアでおなじみ出前一丁。
今のとほぼ変わらないパッケージですね。
b0271801_022881.jpg

そしてカップヌードルが誕生。
b0271801_042266.jpg

ちなみに真ん中の緑のは、「カップヌードル そば」。
その向こうはカレー味だったと思う。
やはり、そばとカレーは、日本人から切り離せないということか?

実は私、これが一番好きです。UFO。
b0271801_064024.jpg

商品どアップの写真しかないので伝わらないですが、
展示室の壁一面に、発売された年代順に商品が陳列されていて、
それはもうすごい数です。
「うわー、こんなのあったなー」と懐かしがる私と友人。

この人がインスタントラーメンを発明した安藤百福さん。
b0271801_013198.jpg

こんなインスタレーション(?)もあったり。
b0271801_0144680.jpg

よくある企業博物館のように創業時の道具や年表を展示するだけじゃなく、
自分で体感できるしかけがあちこちにありました。
誰が考えたんだろう?と思ったら、
総合プロデュースは、佐藤可士和さんでした。なるほど。

いきあたりばったりで行ってみたカップヌードルミュージアムでしたが、
思った以上に満喫してしまいました!
by yunko_h | 2013-09-25 06:00 | 2013横浜・箱根 | Comments(2)

2013横浜・箱根その3 カップヌードルミュージアムその1

さて、ライブ翌日。
朝から雨が降っております。
b0271801_22522041.jpg

台風18号が接近中とのことで、
お天気の回復は望むべくもありません。

とりあえず、朝ごはんを食べてから、
すぐ近くにある「カップヌードルミュージアム」へ行くことにしました。
b0271801_2373637.jpg

(写真はHPからお借りしました)
開館は朝10時なのですが、オリジナルのカップヌードルを作れる
「マイカップヌードルファクトリー」の整理券をゲットするために、
朝9時半ごろホテルを出発。
(ちなみにホテルから徒歩5分もかからないくらい)
たどり着くと、もう結構並んでいました。

10時少し前に入館券の販売が始まり、
整理券は3階で配っているので、そこまでダッシュ!
整理券だけもらって、いったんホテルに帰んなきゃいけないかなと思っていたら、
10時からの回の整理券をいただけました。わーい♪

で、そのままカップヌードルづくりに突入。
b0271801_23141737.jpg

まずは自動販売機で空のカップを買います(1個300円)。
b0271801_23164398.jpg

お手々を消毒して、
b0271801_2318447.jpg

カップにお絵かきします。
b0271801_23353211.jpg

はっ、いきなりすぎて、何を描いたらいいのか分からない…。
ひねり出したのが、こんな図柄。
b0271801_23402961.jpg

もう何十年も描き続けている自画像です。

こんなことも書いたりして。
b0271801_23413640.jpg

b0271801_23415664.jpg

やっぱ記念だからね~。
友人もこんなこと書いてました。
b0271801_23425262.jpg

さて、お絵かきできたら、いよいよカップヌードル作りです。
まずはカップを渡して、麺を入れてもらいます。
b0271801_23434957.jpg

カップを麺の上にかぶせて、このハンドルをくるくる回すと…
b0271801_2359488.jpg

はい!入りました!
b0271801_001459.jpg

次に、スープの味と具を選びます。
スープは4種類から1つ、具は12種類から4つ。うおー、めっちゃ悩むー。
b0271801_022295.jpg

b0271801_03448.jpg

b0271801_032679.jpg

私のチョイスは、
スープ:チリトマト味
具:インゲン、エビ、揚げナス(季節限定)、卵
(ちなみに、一番人気はひよこちゃんナルトだそうです)
b0271801_04481.jpg

次に、この機械でふたをして
b0271801_09988.jpg

フィルムをかぶせて、熱風の中を通すと
b0271801_0134440.jpg

完成でーす!
b0271801_0142271.jpg

最後にパッケージに入れて、ふくらませたら、
b0271801_0174100.jpg

おしゃれなショルダーバッグに(?)
b0271801_018182.jpg

ここまでわずか20分ほど。
あっちゅー間の出来事でした。

ちなみに、完成したマイカップヌードルは、
家に帰った翌日のお昼ごはんとなりました…。
カップヌードルミュージアム、もう1回続きます。
by yunko_h | 2013-09-22 06:00 | 2013横浜・箱根 | Comments(0)