人気ブログランキング |

カテゴリ:2013香川・愛媛( 7 )

2013香川・愛媛その7 あさごはん@茶玻瑠

すっかり御無沙汰してしまいましたが(汗
「2013香川・愛媛」編、今回でおしまいです。
あと1回だけおつきあいください。

さて、翌日の朝。
朝からひとっぷろ浴びて(気持ちいいー!
こちらのお宿は朝ごはんが評判なんですって。
楽しみだー♪

朝ごはんは食事処「茶寮 花小路」で。
b0271801_2350840.jpg

バイキング形式でいろんなものが並んでます。
まずは飲み物から。
b0271801_23585524.jpg

b0271801_001182.jpg

温かいものも。
b0271801_003621.jpg

サラダバー。野菜の種類が豊富です。
b0271801_014230.jpg

b0271801_025035.jpg

b0271801_02453.jpg

ヨーグルトとフルーツカクテル。
b0271801_033848.jpg

ごはんに合うおかず類も。
b0271801_0425100.jpg

愛媛名物じゃこてん。
なんとその場で揚げてます!
b0271801_05962.jpg

だし巻き卵も焼き立てでした。
b0271801_034108.jpg

ご飯類も豊富でした。
まずは、おむすび。
スタッフさんが小さめのおむすびをにぎってくれます。
b0271801_053325.jpg

カレーもあったり、
b0271801_055152.jpg

私はこれにしようっと、茶玻瑠粥。
b0271801_068100.jpg

ほかにもいろいろありましたが、とりあえずこんな感じで。
b0271801_0333832.jpg

だんなさんはカレーも食べてました。
b0271801_036961.jpg

朝ごはんが自慢のお宿というだけあって、さすがの品数、
それぞれのお料理に、期待できる効果や栄養素など
一言コメントがついていて、楽しい朝ごはんでした。
ごちそうさまでした♪

この後はゆっくり観光…したかったのですが、
だんなさんの仕事の都合でまっすぐ家路に(涙
帰りはだんなさんが運転してくれたので
助手席でゆっくりできました。

助手席から眺めた瀬戸大橋。
b0271801_041393.jpg

連休も始まったばかりだったので
道路もさほど混まず、快適な旅でした。
来年もまたうどん食べに行きたいな~♪

これで、たびにっき「2013香川・愛媛編」はおしまいです。
次の旅までごきげんよう~!
by yunko_h | 2013-05-27 06:00 | 2013香川・愛媛 | Comments(0)

2013香川・愛媛その6 ばんごはん@茶玻瑠

ホテルに戻って、ばんごはんです。
今回はお部屋食。
b0271801_2338274.jpg

なにはともあれ、かんぱーい!
b0271801_23385891.jpg

まずは前菜から。
b0271801_23394776.jpg

ちょっと写真が切れちゃってますけど、
春の無農薬野菜のバーニャカウダ 豆乳の温かいアンチョビ風味ソース。
b0271801_23404266.jpg

ミニコンロに豆乳が入っていて、手前のアンチョビソースを
豆乳に投入(しゃれではない)したんですが、
なんか味が寝ぼけてしまった…。
アンチョビソースをそのままつけた方がよかったかも。
(そしたら豆乳の立場は…?)

おつくりは桜鯛。
b0271801_23461941.jpg

新じゃが春キャベツの茶碗蒸し オリーブオイルとともに
b0271801_23473948.jpg

真鯛のうろこ焼。うろこパリパリ!
b0271801_23484373.jpg

ビール飲んじゃったんで、ワインをお願いしました。
b0271801_23501767.jpg

このあと「料理長からの一品です」とグリーンピースのポタージュが出てきて(写真なし)
甘とろ豚のフレッシュトマトソース煮込み
b0271801_23521316.jpg

鯛飯とお吸い物が出て、
b0271801_23530100.jpg

デザートはミルクレープでした。
b0271801_23534141.jpg

全体的に洋風テイストのお料理で、
高級素材や、特別に凝ったものが出てくるわけではありませんが、
お味はよくって、私には十分でした。
鯛飯が最初からお茶碗に盛られて出てきたのが、ちょっと残念だったかな。
(土鍋ごと出てきてお代わり自由!がよかった…)

この後は大浴場へ。
写真はまったくありませんが、お風呂は10階にあって、
さらに屋上には市街を見下ろせる露天風呂が!
この露天風呂、開放感があってめちゃくちゃ気持ちよかったです。

翌朝も入りましたが、特に朝は青空がすがすがしく、
風が少しあったので、のぼせることもなく、
いつまでも入っておけるかも!?というくらいでした。

さて、この後は翌日の朝ごはんです。
by yunko_h | 2013-05-17 06:00 | 2013香川・愛媛 | Comments(0)

2013香川・愛媛その5 道後温泉本館

道後温泉本館は、明治27年に建築された公衆浴場で、
100年以上経った今も現役で活躍中です。
b0271801_22411681.jpg

入浴のコースがいくつかあって、
前に来たときは一番安い「入浴のみ」だったので、
今回は「休憩つき」にしようと心に決めていたのでした。

ホテルのフロントで割引券を売っていたので
さんぽに出かける前にそれを買っていたのですが、
本館に来てみて初めて、「休憩つき」のコースにもランクがあることを知りました(驚

私がフロントで買ったのは「神の湯 2階席(「神の湯」のみ入浴可、貸浴衣、お茶、
せんべい付き)」という休憩付きの中でも一番安いコースだったようで、
さらに「霊(たま)の湯 2階席(「神の湯」と「霊の湯」に入浴可、
貸浴衣、貸タオル、お茶、せんべい付き)」と
「霊の湯 3階席(同じく両方入浴可、貸浴衣、貸タオル、
お茶、坊っちゃん団子(!)つき)」というスペシャルなコースが!
でももう買っちゃってるもんね…。

ということで、入口でしばし並んで館内へ。
2階の休憩所に上がります。
b0271801_22524459.jpg

大広間に案内されました。
なんとも趣があります。
b0271801_2258186.jpg

カゴと座布団がずらりと並んでいて、
自分の席が決められます。
b0271801_22585080.jpg

貸浴衣を受け取って、入浴の準備ができたら
通路を通って、階下の脱衣場へ案内されます。
(正面の係員さんの向こうに見えるのが通路です)
b0271801_231115.jpg

この先の階段を降りたら、神の湯の脱衣場です。
b0271801_2345811.jpg

脱衣場には鍵付きのロッカーがありました。

入ったのは土曜日の午後7時ごろだったのですが、
お客さんはとっても多かったです。
芋の子を洗うよう、とまではいかないにしても、それに近いくらい。
シャワーは順番待ちができるほどだったので、
ちゃぽんと浸かって、さっさとあがることにしました。

脱衣場で浴衣を着て、休憩所に戻ると、
お茶とせんべいが出てきました。
b0271801_23131642.jpg

休憩所は男女に分かれていないので、
パンツいっちょに浴衣羽織って涼む、ということができず(するな
風呂上がりなのに、汗かきながらお茶をすすりました。

日も落ちて、外はガス灯がともっています。
b0271801_23145346.jpg

ベランダ、とはいわないか。縁側、でもないけど…。
ここも風情がありますな~。
b0271801_23155719.jpg

しばらく涼んでから、もう一回脱衣場に行って着替え、
ホテルへ戻りました。

道後温泉本館は、まさに「千と千尋の神隠し」の世界でした。
何年か後には改修工事に入るという話もあるようですが、
この雰囲気は残してほしいな、と思いました。

さあ、ホテルに帰ってばんごはんだ!
続く…。
by yunko_h | 2013-05-16 06:00 | 2013香川・愛媛 | Comments(0)

2013香川・愛媛その4 道後温泉さんぽ

部屋で仕事を片付ける(旅行に仕事持ってくるなんて!)
というだんなさんを部屋に残し、
一人でお外へ出かけてみました。

道後温泉は初めてではないのですが、
前に来たのは、おそらく10年以上前のこと。
それも職場の旅行だったので、
あまり好き勝手にうろうろできなかった記憶が…。
今回は、一人で思う存分うろうろしてきました。

まずは本館へ!と思ったのですが、
ゴールデンウィーク初日だからか、
それとも休日はいつもそうなのか、
建物前には行列ができています。
夕食の時間を遅くしてもらったので時間には余裕があるし、
またあとで来ようっと。

で、本館前から延びている商店街へ。
b0271801_23563100.jpg

おみやげ屋さんや、タルトやさん、砥部焼のお店などが並んでいます。

この商店街、途中で曲がっていて、
その曲がり角には「椿の湯」という温泉がありました。
b0271801_083397.jpg

ここはさすがに並んでなかったなー。
地元の方御用達なのかな?

商店街を抜けると、そこは駅でした。
b0271801_0113016.jpg

伊予鉄道の道後温泉駅です。
松山は路面電車が走っているのねー。

そして、その駅前にはこんなものが。
b0271801_014249.jpg

「坊っちゃん列車」です。
私が見に行ったときはちょうど駅に戻ってきたところだったらしく、
所定の展示位置まで走ってくる様子を見ることができました。
b0271801_0185668.jpg

b0271801_019015.jpg

b0271801_0222561.jpg


そして、駅前にはもう1つの観光スポット
「坊っちゃんカラクリ時計」があります。
b0271801_02318100.jpg

決まった時刻になると歌が流れてきます。
そして、ボランティアの観光ガイドさんが
その歌に合わせて美声を聴かせてくれます。
(ちなみに、普段は毎時0分、観光シーズンは毎時0分と30分みたいです。)

そして、屋根が伸び、時計がひっくりかえって、
最終的にこんな感じになります。
b0271801_0261443.jpg

時計のところはマドンナに。
b0271801_0291058.jpg

坊っちゃんと清。
b0271801_0284170.jpg

温泉を楽しむ人々。
b0271801_0294817.jpg

デジカメで一生懸命動画も撮ったんですけど、
あとで見ることないかな…。

というわけでお散歩はこの辺で。
さあ、温泉へ行きましょう!
by yunko_h | 2013-05-12 06:00 | 2013香川・愛媛 | Comments(0)

2013香川・愛媛その3 お宿に到着

松山城を後にして、本日のお宿に向かいます。
今回泊まるのは「茶玻瑠」さん。

いつものように外観写真を撮り忘れたので、
いきなりお部屋へ。
b0271801_2334308.jpg

b0271801_23375469.jpg

クローゼット(って和室でもそういうのかしら?)には浴衣の用意が。
(あ、手前にカバン置きっぱだ(汗)
b0271801_23395034.jpg

洗面所にはシャワーキャップやブラシ、歯ブラシなど。
b0271801_2341325.jpg

いたって普通のお部屋ですが、二人で泊まるには十分です。

そして、このお宿のよいところは、
なんといっても立地の良さでしょう。
b0271801_23424013.jpg

ぐねっと曲がっている道路の右側に見えている
古そうな建物が、道後温泉本館です。
徒歩1分ってとこかしら。

さあ、お部屋も一通りチェックし終わったので
お外へ出かけてみますか。
by yunko_h | 2013-05-11 06:00 | 2013香川・愛媛 | Comments(0)

2013香川・愛媛その2 松山城

香川を後にして高速をひた走り、
愛媛県松山市へやってきました。
今回は道後温泉のお宿に泊まります。

とその前に、松山城へ行ってみようということになり、
城周辺をうろうろしたのですが、
車をどこに停めればよいのかわからず(汗
結局、市役所地下の駐車場に停めて
テクテク歩いていくことにしました。

道中見かけた愛媛県庁。
すごく立派な建物ですね~。
b0271801_23153159.jpg

松山城は山の上にあるお城です。
お城までは歩いて上がることもできるのですが、
時間も根性もないし…ということで、乗り物を使うことに。

なんと、乗り物はロープウェイとリフトの2種類あります。
私は断然リフト派!なんですが、
だんなさんは高いところが苦手なので、ロープウェイで。

さよならー、またあとで会おう。
b0271801_23241027.jpg

久しぶりにリフトに乗りましたが、気分爽快!
b0271801_23251569.jpg

降り場で待ち合わせて、お城へと向かいます。

本丸が近づいてきました。
b0271801_23282842.jpg

門やら櫓やら(重文ばかり)が続いていて、
いくつかくぐり抜けたところに、こんな人(?)が。
b0271801_2330681.jpg

ゆるキャラ「タルト」だそうです。初めて見た…。

やっと本丸へ。
b0271801_23324597.jpg

ここにもゆるキャラ!
松山城のマスコットキャラクター「よしあきくん」です。
初代城主 加藤嘉明にちなんでいるらしい。
友達にいそうな名前やな…。
b0271801_23332955.jpg


ここが大天守。
b0271801_23354610.jpg

建物内には歴代城主やお城の歴史についての展示がありました。
「甲冑装着体験」なんていうのもあって、
実際に着けてもらってるカップルがいました。
お互いに写メ撮りあったりして。ほほえましいのう。
b0271801_23554878.jpg


天守の上からの眺め。
b0271801_2347558.jpg

こちらは道後温泉方面。今日泊まるお宿は見えるかな?
b0271801_2350180.jpg

わー、向こうの方に海が見える!
b0271801_23504780.jpg

帰りはだんなさんと一緒にロープウェイで下りました。

気がつくともうすっかり夕方になっていました。
早くお宿へ行かなくちゃ~!
続く…。
by yunko_h | 2013-05-10 06:00 | 2013香川・愛媛 | Comments(0)

2013香川・愛媛その1 香川うどんの旅

またまた突然再開しました、たびにっきです。
このゴールデンウィーク、皆さんいかがお過ごしでしたか?
私は、だんなさんと香川・愛媛に行ってきました。

昨年、突然我が家に起こった「讃岐うどんブーム」。
だんなさんが急に「うどん食べに行こか」と言いだし、
旅行の下調べが旅行よりも(!)好きな私が、
「麺通団」やら「全店制覇」やらの本を手に入れ、
綿密な計画を立てて、午前中に4軒はしごしたのが
昨年のゴールデンウィークのことでした。
(ちなみにまわったお店は、「がもう」→「松岡」→「山越」→「日の出製麺所」)

もともと少食のだんなさんが「今年は朝と昼の2軒でよし」というので、
残念ながら、今年は2軒のみとなりました。

まずは綾川町の「田村」。
b0271801_092883.jpg

見た目、普通のお家なんですが、ここでうどんが食べられます。
b0271801_01021.jpg

建物に入ると、手前の部屋にカウンターとイスがいくつかあり、
その奥で、おっちゃんがうどんを打ち、おばちゃんがゆがいています。

どうやって注文するのかしら?と思っていたら、
おっちゃんが「大か小か言うて~」って。
「小二つ」というと、おばちゃんがどんぶりにうどん玉を入れてくれます。
「あったかいのがよかったら、そこで温めて」ということなので
どんぶりの中のうどんをテボ(網)に入れて、寸胴鍋のお湯の中へ。
適当にちゃちゃっとお湯を切って、どんぶりに戻し、
その隣にあるタンクからだしを注ぎます。
ねぎを入れて、おあげももらって、手前の部屋へ戻ります。

ではでは、いただきましょう!
b0271801_0195694.jpg

う、うまーい!
うどんもしっかり、だしもしっかり。
普段からうどんをよく食べるのですが、
やっぱり香川のうどんは違うわー。
b0271801_0283743.jpg

本当はもう1玉くらい食べられたけど、
この後すぐ、昼ごはんだったので泣く泣くあきらめました…。
ちなみに、うどん(小)150円+あげ50円でした。安っ!

車で30分ほど移動して、着いたのは高松市の「はりや」。
b0271801_0573846.jpg

開店時刻(11時)の30分ほど前でこの行列です。
b0271801_030639.jpg

このあと、列は伸びる一方でした…。

11時になって、店先にのれんがかかりました。
「お待たせしました、どうぞ~」の声で、店内へ。

このお店はカウンターのみで15席。
私たちは11・12席目に座れました。
なんかね、天ざるとか、かしわざるが人気みたいよ?
ということで、だんなさんは、かしわざる。
b0271801_0362018.jpg

私は、いか天ざるを。
b0271801_0364946.jpg

うどんはつやつやのピカピカ!
そして、特筆すべきは、かしわ天のおいしさでした。
下味をつけた鶏むね肉を揚げてあるのですが、
その下味が結構しっかりついていて(コショウが効いてる)、
むね肉なのに、しっとり柔らかく揚がっていて、
ほんとにおいしかったです。
だんなさんは「とり天だけまた食べに来たい」とのこと。
いか天(ていうかゲソ天)もおいしかったんですが、いかんせん量が多かった…。
がんばって食べきったけど、私にはあの量の半分でもよかったかも。
普通の天ざる(エビや野菜)もとってもおいしそうでした。
次は天ざる食べたいな~。

と、満腹になったところで、車は一路西へ。
今日のお宿がある道後温泉へ向かいます。
続く…。
by yunko_h | 2013-05-09 06:00 | 2013香川・愛媛 | Comments(4)